シェーバーやカミソ・脱毛注意点・キレイにする方法

シェーバーやカミソリでの脱毛注意点

自己処理の中でも定番のカミソリや電気シェーバーは簡単で手軽に脱毛が出来ます。
毛抜きで無理矢理ムダ毛を抜いてしまうよりは遥かに肌には優しいですし、きちんとした方法で使えば肌を痛める事も少なくなります。
背中なども鏡を見て上手にそれば肌を傷つけずにやることができます。

 

カミソリを安全に使う

カミソリにも色々な種類がありますから、部位によってもカミソリを使い分けます。特に顔はフェイス用のカミソリを使うこと。ボディは使いにくいようなら、安全カミソリでも構いません。カミソリの脱毛は風呂場が多いようですが、以外に風呂場は雑菌が繁殖しやすいので風呂上がりにシェービングクリームを利用して脱毛を始めます。脱毛が終わったら、ホットタオルでクリームを拭き取ってからしっかりと保湿を忘れずに。石鹸の泡では肌のクッションになりませんから、必ずシェービングクリームを使いましょう。
お風呂での脱毛は湯気で鏡が見えなくなるから背中がキレイに剃れなくなります。フロ上がりに脱衣場などでするのが良いでしょう。

 

電気シェーバー

カミソリよりもムダ毛をキレイに出来ることや、脱毛中の自己処理にも利用出来るので1つは用意しておきたいものです。男性のシェーバーと違い、女性用のシェーバーは肌に優しく手軽に脱毛出来るものです。最近のものは、深剃りしても肌を痛めにくいものが多いですが、気になるからと何度も肌を滑らせると肌を痛めてしまいます。カミソリよりは安全で見た目にもキレイな仕上がりになりますので上手く利用しましょう。

 

剃った後のケアり

少し肌が赤みを持つようなら、一度冷やしてから保湿を行う事を忘れないようにしましょう。
脱毛はアフターケア次第で、肌の調子を悪くも良くもしてしまいますから脱毛後は普段利用しているスキンケア用品などで保湿しておきます。
どちらも「ムダ毛を剃る」ものですから、肌に負担を掛けない事が一番です。
脚や腕の毛が長いようなら、一度ハサミでカットしてから剃るようにしましょう。
剃る方向に、皮膚を少し引っ張るようにしながらゆっくり剃るのがコツで、深剃りして肌を痛めない為のポイントです。
逆剃りは、一度毛の流れに沿ってから行うと断面が目立たずにキレイになります。
どちらにしても清潔な環境で行う事を忘れずに、剃ったら冷やして保湿しましょう。
最後ケアは忘れるとキレイに脱毛しても結局肌荒れを起こす可能性がございます。