手の届かないムダ毛の脱毛方法 背中・お尻・VIOの脱毛

手の届かない部位の自己処理!皆はどうしてますか?

腕や脚等、自分で見える部位は自己処理も簡単ですが、背中やヒップ、VIOの処理は難しいものです。
最近では色々なグッズもあるので、利用してみた人もいるのではないでしょうか?自己処理がやりにくい場所の脱毛方法にはどのようなものがあるのか見てみましょう。

 

背中からヒップ

鏡でしか見ることが出来ない部位ですから、処理も難しい場所です。
背中専用のシェーバー等もありますから、安全で自己処理しやすいのはシェーバーによっての脱毛になりますね。
孫の手のような丸みのあるシェーバーで、肩甲骨から背中を全て脱毛出来るのは魅力的。
広範囲なので、徐毛クリームやジェルも人気のようですよ。
ただ脱毛クリームやジェルは人に頼まないとキレイに塗れないので家族や友人に助けてもらいましょう。
脱毛タオルといったものもありますが、こちらはしっかりした効果は余りそう見られないようで専用のシェーバーや徐毛クリームやジェルを利用する人が多いようです。

 

背中はうぶ毛なのですが、毛深い人にとってはムダ毛でしかありません。
自己処理を楽にするなら抑毛ジェルが便利です。
抑毛ジェルは、ムダ毛の生えるのをゆっくりと抑制するものですから見えない背中やヒップの脱毛によって向いた方法とも言えますね。
つけすぎると肌荒れが起こる可能性もあるので使用には十分注意しましょう。

 

VIOラインの自己処理

・水着や下着からはみ出たり
・蒸れを軽減したい・
清潔にしておきたい

VIO脱毛を考えている人にはいろんな理由があります。デリケートな部位はムダ毛があると細菌が繁殖しやすい為に自己処理でキレイにしたい部位です。
脱毛クリームやブラジリアンワックスなどで処理をしている人も多いのではないでしょうか。
毛抜きやカミソリでは色素沈着の危険もありますから、Vラインは脱毛クリームを使ったりデリケートゾーンはブラジリアンワックスを利用するのが肌にも刺激が少なくキレイになります。
脱毛サロンでの脱毛を考えている方も最近は増えてきています。VIOを気にする方が増えてデザインまで自分で選べるので脱毛サロンに行く事をおススメします。

 

見えない部位は、危険度も増しますから安全に処理するには肌に負担が少ない方法を選びたいですよね。
どちらにしても、カミソリや毛抜きを使う人は少なくなっています。
見えない部位はどのような方法でも、やりにくいことや「キレイになりにくい事もあげられます。

 

特にVIOラインについては、自己処理よりも脱毛サロンで脱毛する方が仕上がりもキレイになりますし脱毛だけでなく毛の量を調整もできますからおススメですよ。

 

また脱毛サロンで有名なミュゼやキレイモといった有名どころを比較しているサイトなどで選べばベストかと思います!

 

ほかにもTBCとかシースリーとか地域密着のサロンもあるんですけどね!

 

参考 ミュゼとキレイモどっちが良い?